現在位置: ホーム 脊柱側弯症の話 脊柱側弯症の話 - 装具治療が必要な方々のために (B-3 側弯症の自然経過)

脊柱側弯症の話 - 装具治療が必要な方々のために (B-3 側弯症の自然経過)

あやめの会 会報2号(平成5年発行)に掲載された寄稿より

脊柱側弯症の話 - 装具治療が必要な方々のために


東京都済生会中央病院 整形外科部長 鈴木信正

B-3 側弯症の自然経過

 一つの病気での自然経過、放って置くとどうなるのかと言う知識がない限り、ある治療法が効果があるとか、ないとかという判断は出来ません。今までの大きな誤解は、側弯症は全てが進行性である、そして発育が止まったら進行しないと言われていたことです。50~60度となった側弯もあるときは10度の時があったわけです。それでは10゜の側弯にはみな装具療法をやれば手術が、予防出来るのかというと、全てが進行性のものではないので、何もしないでも進まない人達にはやり過ぎになる訳です。従って、どの様な側弯に装具療法を始めるのが最も合理的なのか考えなければなりません。言い換えれば、放っておくと進行する確率の方が、進行しない確率よりも高いときが、装具療法を開始するときであるといえます。

 現在までの研究から、思春期側弯症の自然経過はかなり解明されています。問題は、ある側弯が進行する確率がどれ位なのかという事が一番重要なのです。簡単に言いますと、30゜未満の側弯の場合、進行する確率が2~3割、放っておいて自然に治る確率が2割、放っておいても進まない確率が6~7割と言えます。

 ところが思春期に30゜以上になった場合には進行する確率が75%、しない確率は25%以下という結果が出ています。この辺が治療の適応の根拠になります。

 そして40゜以上の思春期側弯症であれば進行する確率が95%、そして40゜以上の側弯は成長が終わっても進行する確率が3割程残っている、すなわち成長が終われば進行しないという、今までの考えが間違いであるという事が明らかになりました。成人でも60度以上の側弯では進行する確率が75%あります。

 私の患者さんでも、装具を6年つけて18歳で終了、以後経過を見て21歳までは42~3゜だった人が24歳で58度に進行していて手術になった人もいます。装具が終わったからといって必ず進行しないという事もないのです。要するに側弯症の自然経過としては30゜未満の軽度の側弯は進行しない確率が7割位ある、30゜を越えると進行が75%あるという事が自然経過として大事な事です。

ドキュメントアクション
ニュース
News Item 平成30年度あやめの会 総会・講演会開催のお知らせ 2018年04月17日
News Item 平成29年度あやめの会 総会・講演会開催のお知らせ 2017年05月31日
News Item 平成28年度あやめの会 総会・講演会開催のお知らせ 2016年05月12日
News Item 平成27年 あやめの会講演会・懇親会開催のお知らせ 2015年06月29日
News Item 平成27年度あやめの会総会開催のお知らせ 2015年06月28日
News Item 「平成26年度 あやめの会総会」の開催日程が決まりました。 2014年04月23日
News Item 平成26年春 あやめの会講演会・懇親会開催のお知らせ(最新) 2014年01月22日
News Item 平成26年春 あやめの会講演会・懇親会開催のお知らせ(速報) 2013年12月11日
News Item 平成25年度あやめの会総会終了 2013年07月20日
News Item 平成25年 あやめの会 講演会・懇親会開催終了 2013年07月20日
News Item 女性人権保護団体 あやめの会は関係ありません 2013年07月20日
News Item 平成25年 あやめの会 新春の講演会・懇親会開催のおしらせ 2013年01月01日
News Item 平成25年度の総会・講演会 出席登録締め切り 2013年01月01日
News Item 鈴木信正先生のそくわん症外来の組織名が「メディカルスキャンニング東京」に変更されました 2012年11月14日
News Item 平成24年度あやめの会総会のおしらせ 2012年05月28日
News Item 鈴木信正先生のそくわん症外来が移転しました。移転先はメディカルスキャニング東京 脊柱側弯症センターです。 2012年04月06日
News Item 河野克己先生、永寿総合病院整形外科部長にご就任 2011年10月10日
News Item あやめの会 冬季講演会・懇親会開催のおしらせ 2011年10月01日
News Item あやめの会ホームページ、リニューアルオープン! 2011年05月15日
News Item 鈴木先生講演会「中高年の脊柱側弯症」詳報(2010年2月) 2010年01月10日
もっとニュース...